経済・ビジネス

上流思考 レビュー



(楽天ブックス)

上流思考 レビュー

根本から解決する思考法を身に付けたい人に。

「上流思考」です。

「問題が起こる前に」解決する新しい問題解決の思考法。

問題は起こらない方が良いですよね。
それには、問題が起こる前に解決するのがベストといえます。

問題に対して上流介入することで、対応のコストを激減させることが可能。
コールセンターの事例が掲載されています。

「上流思考」を阻む3つの障害とは何か。

そういうものだ、という思い込み。
思い込みをいかに外し、問題を明確にするかがカギ。

また、問題は常態化すると見えなくなることも問題である。

上流活動には不思議な点があり、それは任意、自由意思で行われることである、ということ。

自分事として捉えない限り、上流活動ができることにすら気づかない可能性がある。

視野狭窄=トンネリング。
トンネリングは、お金や時間の欠乏が生み出す大きな原因である。

時間が無いから急場をしのぐ、そして同じことを繰り返してしまう。
上流活動を行うには時間が足りなすぎる。
どうすれば良いのだろう?

上流活動では、成功は分かりにくいことが問題である。
また、取り組みにも何年もかかる可能性がある。

上流思考を意識することで、問題が生じない状態を作り出すことができる。

定期的に忙しさに追われるのは、目の前の対処に追われている可能性があるから。
上流で対処することが必要。

仕事や人生に限らず、上流思考をすることは様々なリスクを排除することにもつながります。

とはいえ、上流思考をすることは問題意識を持つことが必要で、意識していないと流されてしまう可能性はありそうです。

とても大切な考え方がまとめられた一冊です。

⇒ 上流思考 amazonで購入する

⇒ 上流思考 楽天で購入する

-経済・ビジネス

Copyright© 極私的メモ、ビジネス書・書籍レビュー , 2022 All Rights Reserved.