経済・ビジネス

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 レビュー


(楽天ブックス)

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 レビュー

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 レビューです。
365人の仕事の教科書、ということで1月1日~12月31日まで毎日1人分掲載されています。

各界の著名人、有名人の仕事への考え方、人生の価値観、といったことを短い文章に凝縮して掲載。

厚めの本ではありますが、1ページで一人完結するので、空き時間などにサクサク読めて心を熱くすることができます。

365人の仕事への考え方、人生の価値観が掲載されていますから、中には共感できる方、あまり共感できない方といると思います。

それらを含めて、自分がどう感じるか、これからの人生にどう生かすかが大切かなと思いました。

例えば、

王貞治、

(敬称略)

今、スポーツをされている方、学生時代など過去にスポーツを頑張った経験のある方。

経営者、芸術家、音楽家など様々な方面の著名人、有名人が1日1話として掲載されています。

読み進めていくと、何かしら心に残る話、琴線に触れる話があるのではないでしょうか。

短い話で完結するので、思った以上に手軽に読める本です。

「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」のレビューとして、私として心に残った部分をいろいろとメモしていこうと思います。

心に残る1日1話

たくさんのお話が掲載されていますが、その中でも特に心に残った1日1話をメモします。

王貞治氏「プロは絶対にミスをしてはいけない」

桂小金治氏「努力の上の辛抱という棒を立てろ」

坂田道信氏「教員の仕事は教壇に立って教えることだ」

杉山芙沙子氏「子どもの可能性を伸ばす十か条」

三浦雄一郎氏「リーダーは上機嫌で希望の旗印を揚げ続けよ」

森岡毅氏「アイデアの神様が降りてくる人」

山下泰裕氏「人の痛みが分かるチャンピオンになれ」

宇野千代氏「運は自分がこしらえるもの」

書ききれないほど、心に残る1日1話があります。

きっと、本書を読む人によって違ってくるのだとも思います。

ぜひ手元に置いて、お読みになってみてください。

日ごとにぱらぱらめくって、読むのもおすすめです。

ぜひご一読をおすすめします。

⇒ 1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 amazonで購入する

⇒ 1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 楽天で購入する

-経済・ビジネス
-

Copyright© 電子書籍を楽しもう! , 2021 All Rights Reserved.