電子書籍

電子書籍で目が疲れる3つの原因!

電子書籍で読むと目が疲れるのでは?

と思っていて電子書籍リーダーを購入することを迷っている方も多いのでは、と思います。

電子書籍は本が好きな方にはとてもメリットが多くて、おすすめです。

電子書籍を読む方法はいくつかありますが、もしかして電子書籍で目が疲れる・・という方は、目が疲れてしまう方法で読んでいるか可能性があります。

電子書籍リーダーを適切に使うことで、目の負担も少なくなりますし、

「電子書籍は疲れるから紙の本が良い」

と思わなくなると思います。

上手く使うことが出来れば、電子書籍で疲れることもありませんし快適に読書ライフを送れるようになるはずです。

電子書籍で疲れる原因

眼精疲労

漫画、小説、雑誌、ビジネス書、写真集などなど、色々なジャンルの本が今では電子書籍となって、沢山の本を持ち運び、いつでもどこでも手軽に読めるようになりました。

本好きにとっては、すごく便利ですよね!

「今日はどの本を持ち歩いてスキマ時間に読もうかな・・・!」

とカバンに入れる本を選ぶ楽しさも、もちろんありますけれど、そうした物理的な制約を気にせず出先で好きな漫画をまた最初から読む、今日はラストから読む、といった自由な読み方が出来る。

電子書籍にはメリットも多いですよね。

ただ、電子書籍で疲れることもあるかもしれません。

その場合の原因として考えられるのは、次のようなことになります。

目が疲れる原因、スマホやタブレットで読んでいる

電子書籍を読む方法は複数あります。

電子書籍を読む方法

  • 電子書籍専用の電子書籍リーダーで読む
  • スマホで読む
  • タブレットで読む

方法です。

電子書籍リーダーを購入しなくても、普段使っているスマホでも電子書籍を読むことは出来ますし、タブレットを既に持っていて、タブレットで電子書籍を読んでいる方も多いと思います。

新たにKindleや楽天koboなどを購入すると、お金がかかりますしね。

また写真集や雑誌、旅行ガイドブックを見たいときなどもカラーが良いので、そうした電子書籍を中心にご覧になる方はタブレットをメインに読まれているかもしれません。

スマホやタブレットで電子書籍を読むと、目が疲れる原因になります。
目に負担をかける読み方になるためです。

それは、スマホやタブレットからのブルーライトが目に刺激を与えるためです。

スマホ、タブレットはブルーライト、バックライトで目が疲れる原因に

スマホやタブレットからは目に負担をかけると言われるブルーライトも出ていますし、見続けていると目が疲れやすいバックライト方式で光が当たっていることも原因として考えられます。

こちらの画像が分かりやすいので、参考にしたいと思います。

⇒ 楽天kobo電子書籍リーダーより

楽天kobo フロントライト、バックライト

スマホ、タブレットはバックライトです。

目に直接、光が当たるようになっていますので長い時間電子書籍を見ていれば、やはり目が疲れる原因になります。

眼精疲労が強くなってくると、頭が痛くなったり、肩こりがしたり、体の不調に繋がることも多いので気をつけたいところです。

電子書籍、Kindle Paperwhiteや楽天koboなど電子書籍リーダーはフロントライトなので、目が疲れにくいようになっています。

ただ、白黒なので使い分けは必要かもしれません。

Kindle端末は、「目疲れ」や「睡眠に影響を及ぼす」とされているブルーライトを限りなくカットされている、優れたタブレットです。

文字が小さい

電子書籍を読むときの「文字の大きさ」も疲れの原因になります。

文字が小さいと、やはり目への負担が大きくなりますので疲れる原因となってしまいます。

ページに入る文字数が少なくなるかもしれませんが、文字を少しずつ大きくしてみて、目が疲れない大きさに調節することも大切ですね。

長時間が読む

スマホやタブレットで長時間、電子書籍を読んでいるとやはり疲れます。

紙の本でも同様ですね。

いくら本が好きだから、と2時間、3時間とずっと読んでいるとさすがに疲れを感じます。

本を読むために集中していると、瞬きの回数も減りますし、さらにそこに文字が小さいといったことになると非常に疲れが溜まります。

ドライアイの原因ともなってしまいます。

適度な休憩は、とても大切です。

目が疲れない電子書籍の読み方

できるだけ目に負担をかけず、目が疲れない方法で電子書籍を読む方法です。

少々お金がかかりますが、こうした方法を取ることで目が疲れる原因を避けることができるようになります。

電子書籍リーダーをで読む

電子書籍専用の端末、電子書籍リーダーで読むことをまずオススメします。

電子書籍リーダーは、先ほどもありましたがフロントライトにすることで、目に直接、光があたらないようになっています。

そのため、目の負担が軽減されています。

楽天kobo フロントライト、バックライト

⇒ 楽天kobo電子書籍リーダーより

例えば、Kindle Paperwhiteの口コミ・評判を調べていくと、

目が疲れない

という口コミを見ることが本当に多いです。

実際、Kindle Paperwhiteは電子書籍を読んでいても目が疲れないので、おすすめです。

⇒ Amazon Kindle Paperwhite

ただ、こうした電子書籍リーダーは白黒となりますので、カラーで読みたい電子書籍に関してはタブレットで読む、などの使い分けは必要になりますね。

適度に休憩を挟む

紙の本も同様ですが、長時間、読み続けていると目が疲れます

目が疲れにくい、と言われる電子書籍リーダーを使っていても目の疲れを軽減するためにケアは大切です。

疲れ目・眼精疲労の軽減・ケアの方法

疲れ目や眼精疲労の軽減・ケアの方法としては以下がおすすめです。

  • 1時間に10分程度の休憩をとって眼を休める
  • 遠くを見る(目の筋肉がリラックスする効果)
  • 蒸しタオルやホットアイマスクで目のリラックス効果
  • 目の体操
  • 目の周辺のツボ押しマッサージ
  • 目薬(防腐剤が入ってないものがおすすめ)

一番大切なのは、適度に休憩をして、目を休ませることと思います。

集中していると時間を忘れてしまうこともありますが、目の疲れが酷いと感じる時にはタイマーを掛けて、30分ごと、1時間ごとに休憩を挟むのが大切ではと思います。

電子書籍で目が疲れる原因、まとめ

電子書籍にはメリットがたくさんありますが、目が疲れる原因になるのは避けたいですね。

スマホやタブレットで読んでいる方は、ぜひ電子書籍リーダーの利用をおすすめします。

おすすめは、

⇒ Amazon Kindle Paperwhite

ですが、Amazonプライムデー、サイバーマンデーセールなどのタイミングで4,000円~6,000円オフで買えることも。

時期的に待てる場合には、こうしたセール時期の電子書籍リーダーの購入がおすすめです。

文字の大きさ、適度な休憩なども目の疲れを軽減するためには重要ですね。

こうした点などに気をつけることで、目の疲れを軽減して楽しくたくさんの電子書籍を読むことができると思います!

-電子書籍
-,

Copyright© 電子書籍を楽しもう! , 2020 All Rights Reserved.